公開履歴
笑顔の女性

一般的にピルによる副作用は非常に軽いものであることがほとんどなのですが、ピルの飲み方に注意して毎日飲み続けるようにしていても、服用する人によっては稀に重い副作用が現れることもあります。
特にピルを服用することによる副作用の中でも重いものだと言われているものには血栓があります。
血栓の副作用が出てしまうと場合によっては命までも落としかねないことにもなりますし、実際に死亡例も少なからず存在しているのです。
それではこのように怖いピルを服用することによる副作用である血栓の原因には、どのようなものがあるのでしょうか。
血栓の副作用が出てしまう一番の理由としてはやはり喫煙をしているのにも関わらずピルを服用していることというものが挙げられます。
つまり喫煙者はピルを服用するべきではなく、どうしても服用したい、または服用する必要がある場合はまず煙草を吸うことを止める必要があるのです。

もちろん病院に行って医者からピルを処方してもらうという場合はしっかりと問診もしますので、服用している人が喫煙者であるかそうでないかは分かります。

そしてまずヘビースモーカーの人にはそもそも処方しませんので、このような血栓の副作用が出てしまう危険はないものなのです。
しかし稀に服用しようとする人が医者等に喫煙者であるという事実を隠して処方をしてもらったり、医者に処方してもらうのではなくインターネットを使って輸入業者等から購入した場合等に、問題が出ることになります。
これらの場合は喫煙者にピルが渡ってしまうことになりますので、血栓の副作用が出る可能性が高くなってしまいます。
なので大切なことは、喫煙者は服用することが出来ないという事実をしっかりと常識として知っておくことなのです。
うっかり服用して血栓の副作用が現れてしまってからでは遅いのです。

記事一覧
モーニングアフターピルの服用をやめたらどうなるのか

モーニングアフターピルとはいわゆる緊急避妊薬のことです。どういう場合にこの緊急避妊薬であるモーニングアフターピルが使われるのかと言いますと、いわゆる避妊に失敗したと思われるセックスをしてしまった場合に使うものなのです。避妊に失敗する原因は様々なものがあり、一番多いのがコンドームが破けてしまっていて精

2019年08月13日
ピルの正しい服用で安全に避妊

日本で避妊といえば、「コンドーム」という考え方が定着しています。コンドームでも避妊は可能ですが、実はあまりお勧めできない方法です。コンドームは薄いゴム製ですので、破損してしまう恐れもあります。もし、破損しているのに気付かず使ってしまえば、妊娠のリスクはグンと高くなってしまうのです。コンドームは避妊目

2019年07月25日
現在主流の低用量ピルはむくみもなく使用できる

女性が、自らの意思で確実に避妊ができる方法として知られているピル。近年クリニックで処方されているものは基本的に低用量ピルなので、吐き気や頭痛、むくみや体重増加などの嫌な副作用もなく、より安心して服用できるようになっています。また一昔前のように薬入れを用意する必要もなく、シート状になっているので、持ち

2019年07月01日